駅ナンバリングの増加に伴うバージョンアップ

最近は「駅ナンバリング」を導入する事業者が増加していますね。

昨年の年末から今年にかけて「小田急電鉄」「箱根登山鉄道」「阪急電鉄」「能勢電鉄」「高松琴平電鉄」が駅ナンバリングを導入しました。

もちろんレールチャレンジも駅ナンバリングを表示するように作ってますので早速対応です。というわけで本日データを最新版に更新したベータ14をリリース致しました。

さて、その新バージョンをよーく見てみると・・・

「あれ?阪神電鉄って駅ナンバリングあったっけ?」

…そう、今回のアップデートでは「4月に駅ナンバリングを導入予定」の阪神電鉄のデータも先行して入力しちゃいました。
まだ協議中とされている駅もあるのですが、すでに公に発表されているので大きな問題はないと思います。

駅ナンバリングは比較的コストがかからないサービス向上策だと思いますので、これからも導入する事業者は増えると思いますね。
そのうち「駅ナンバリング、全部覚えましたっ!」っていう猛者がきっと現れるんやろなあ…。